自己肯定したいのにできない

自己肯定したいのにできない

自己肯定したいのにできない

そんな
苦しい気持ちを改善するために
日々、
クライエント様に寄り添っています。

~~~~~~

自己肯定したいのにできない!

・いくら頑張ってもムダだと思ってしまう。

・ネガティブなイメージばかりが浮かぶ。

そんな方々には共通点が見えます。

その共通点は何かと言うと、
頑張り屋さんであるということです。

自分1人で何とかしようとする
頑張り屋さんです。

でも
その意気込みが
自己肯定の邪魔をしていると
感じています。

みなさん、本当に、真面目で努力家です。

その真面目で努力家な面が、
自分の心を追い詰めていることに
気がついているでしょうか?

適切な支援を受けることで、
自尊心は育ちます。

自分の気持ちを
大切に扱ってもらうことは、
心を癒やします。

1人で頑張り過ぎずに
専門家を頼り、
自己肯定できるように
なっていただきたいと願っています。

~~~~~~

さて、
頑張り屋さんは
1人で一生懸命に考えて努力します。

しかし、
いくら1人で頑張っても、
思い込みはどうすることもできません。

その理由は、
思い込みというのは、
その人や、その家族にとっての
【正義】があるからです。

正しいと思い込んでいることを
疑うことはあまりしませんね。

ですから
いくら1人で頑張っても、
思い込みはどうすることもできないのです。

では
自己肯定したい場合どうすればいいのか?

自己肯定したいのであれば、
自分以外の他者が必要になります。

丁寧に
話しを聞いてもらうことが大切になります。

そして
自分の考えや想いを
整理して聞いてもらうと、
思い込みに気づくことができるのです。

ただ
心理カウンセリングと
友人との違いは何かと言うと、

話しを
整理しながら聞くと言うことです。

彼氏に話しを聞いてもらっていたら、
ヒートアップしたことはないですか?

あるいは、
意見を言われて、
話しが脱線して
ケンカになったことはないですか?

ただ聞いてもらうだけでは、
思い込みに気づけず、
なかなか
問題解決にはつながりません。

心理カウンセリングでは
丁寧に耳を傾け、
お困りごとを整理します。

そして
相談者さまを苦しめている部分、
思い込みに気づけるようにサポートします。

気づきを得ることで
問題を取り扱うことが可能になるのです。

~~~~~

人間関係のトラブルには、
繰り返されているパターンがあります。

場所を変えても、
メンバーが違っても、
似たような問題が起こり悩まされることがあります。

こういった
人間関係のトラブルにも、
思い込みが
解決の邪魔をしていることがあります。

自分の正義やルールに、
【間違っている】
そう思う人は少ないからです。

ですから
自己肯定したい人は
思い込みに気づき、
取り扱えるようになることが大切です。

お困りごとを丁寧に聞いてもらい、
整理ができると、
新しい発見があります。

特別な空間の中で、
丁寧に語ることで、
問題解決の糸口が見つかります。

そうすることで、
自己肯定できるようになっていきます。

~~~~~

本日のテーマは
「自己肯定したいのにできない」

いかがでしたでしょうか?

カウンセリングに関することは、
お気軽にお問合せください。

ご相談のお申込みはコチラ

お問い合わせはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です