心と身体と夢のセルフケア6月

心と身体と夢のセルフケア6月

心と身体と夢のセルフケア6月

6月の心と身体と夢の
セルフケアについてお伝えします。

心と身体と夢のセルフケアは、
自分に自信が生まれます。

ぜひ
セルフケアをお試しください。

~~~~~~~~~~

★6月の特徴
 湿気で心も身体も重く感じるのはなぜ?

★6月のセルフケアポイント

★苦しいときは夢に着目?

~~~~~~~~~~

★6月の特徴
湿気で心も身体も重く感じるのはなぜ?

6月の特徴
湿気で心も身体も重く感じるのはなぜ?

それは、
湿度が高いと
息苦しくなり呼吸器に負担がかかります。

すると
姿勢が悪くなります。

姿勢が悪ければ
身体の重みを感じるようになるのです。

呼吸は
緊張と弛緩というバランスを取ることに
影響を与えています。

緊張と弛緩のバランスは
心にも影響を及ぼします。

その結果
心も身体も重さを感じることになるのです。

もう1つ
大切な機能が関係しています。

それは
腎臓です。

酸素が
たっぷりと全身に送られないと、
腎臓の排泄機能が悪くなります。

すると
むくみやだるさを訴えるのです。

この時期には、
腎臓と深く関わりのある
太ももの裏側に注目しましょう。

整体では
ここを
腎臓の急処として扱うからです。

太ももの裏側を伸ばすことで
身体の
機能を高める事ができるのです。

しっかりケアして、
夏の暑さに備えたいですね。

★6月のセルフケアポイント

6月のセルフケアポイントは
太ももの裏側を伸ばすことになります。

理由は
太ももの裏側は
呼吸器の急処だからです。

ご紹介するのは
仰向けに寝て足をあげる体操です。

~~~~~~~~~~

step1
両足を揃えて足を上げ、
両手で足首をつかみます。

step2
太ももの裏側を
ゆーっくり、
じんわり、
1ミリずつ伸ばすイメージで、
かかとを突き上げるように伸ばします。
左右2回ずつ。

step3
伸ばした両足を揃えて、
5秒くらいキープしてから、
手を離してゆっくり下ろします。

step4
足を下ろしてから脱力します。

~~~~~~~~~~~

*ポイント

・ゆっくりと地味に伸ばすこと。

・身体が硬くて
 膝が伸びない人は、
 曲がったまま固定して足全体を持ち上げます。

・太ももの裏側に意識を集めます。

・足首まで手が届かない人は、
 膝裏に手を添えてもOKです。

この体操は
疲労回復にも役立ちます。

体操の前と後では、
立つ姿勢が変わり、
呼吸が楽になります。

体操する気力がない人に、
手抜きケアもご紹介します。

仰向けで
壁に両足を上げてもたれかかるようにして、
かかとを持ち上げます。

お尻を壁に近づけると
効き方が変わります。

楽ちんですが
以外と身体には響きます。

ぜひお試し下さい。

★苦しいときは夢に着目?

苦しいときは夢に着目?

6月は
鬱々となりやすく、
心も身体も不安定になりやすい。

心の不安定でありながら、
エネルギーが高まる人がいます。

すると
葛藤が起こります。

葛藤は
エネルギーのぶつかり合いです。

その
葛藤は夢にあらわれます。

夢に着目することは
この葛藤を解決することにもつながるのです。

記憶に残るシーンがあれば、
メモや記録を取ることをオススメします。

なぜならば
無意識と仲良くなれるからです。

無意識は
自分らしく生きるためのメッセージが
含まれています。

丁寧に紐解いていくと、
心を開放することができるのです。

いかがでしたでしょうか?
お問い合わせはお気軽にどうぞ。

ご相談のお申込みはコチラ

お問い合わせはコチラ