カウンセリングで自己肯定できるって本当?

カウンセリングで自己肯定できるって本当?

カウンセリングで自己肯定できるって本当?

はい。
本当です。

カウンセリングを受けることで、
自己否定から解放されて、
自己肯定できるようになります。

自己肯定できるようになるために、
カウンセリングでは、
思い込みに気がつくことをサポートしています。

思い込みに気づくために、
まずは
お困りごとを整理します。

そして
どんな思い込みに
はまっているのかを一緒に確かめます。

気がつくことができると、
思い込みを
手放すことができて心が自由になります。

その結果
新たな発想が生まれ、
物事がスムーズに動き始め、
自己肯定できるようになるのです。

だったら
思い込みを自分1人で見つければいいじゃん。

そう思うかもしれませんが、
根深い思い込みは
気がつくことが難しいのです。

なぜならば
思い込みというのは、
過去の経験から
導き出された答えだからです。

正しい答えと思い込んでいる
だから
なかなか気がつけません。

カウンセリングは、
別の角度からの視点が入ります。

これがメリットです。

みなさんが、
よく口にするのは、
「目からウロコ体験」
そう言います。

発想の転換ができるのです。

自分の中から、
解決できる答えが見つかり、
自己肯定につながります。

それではなぜ、
思い込みが自己肯定の邪魔になるのか?

その答えは
過去の経験から導き出した答えが、
思い込みになっているからです。

思い込みは
過去の自分が最善と思った答えです。

現在の自分には
適応していないことがほとんどなのです。

どんなことでも
更新しないと
時代遅れになってしまうのと同じことなのです。

たとえば

~~~
ずっと前に
困ったことがありました。

そのとき、
人に頼って助けを求めました。

けれども
必要な助けを
得ることができなかったのです。

助けを求めて期待した分、
余計にツラくなりました。

どうせ
助けてもらえないならば、
はじめから1人で頑張る方がマシ!

思い込みの完了です。

~~~

これは
1つのたとえですが

困ったときに
人に頼る=助けを得る
意味になるとは限りません。

しかし、
困って人に頼るときには、
緊急事態です。

無意識に

助けてもらえることを
期待してしまうでしょう。

期待に
応えてもらえないときには
ガッカリします。

期待したわたしが
バカだった・・
と思うかもしれません。

そうすると
恥ずかしい気持ちになったり・・
悲しい気持ちになったり・・
なんで助けてくれないのよ!
相手に怒りを覚えることもあるのです。

感情が
強く動くときって心に残ります。

これが
思い込みとなり、
自分を生きにくくするのです。

その
思い込みから解放され、
自己肯定できるようになるために
カウンセリングは役立ちます。

本日のテーマ

~カウンセリングで自己肯定できるって本当?~

自己肯定できずに
苦しんでいる方は
お気軽にお問い合わせください。

ご相談のお申込みはコチラ

お問い合わせはコチラ

いかがでしたでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です