自尊感情を高めるトレーニング

自尊感情を高めるトレーニング

自尊感情を高めるトレーニング
それは
自己否定をやめることです。

自尊感情が低い人は、
自己否定が激しいのです。

気がつくと、
自分をバッシングしています。

何かあると、
自分の責任にして自分を攻撃しています。

自己否定というのは
自分へのイジメ行為です。

イジメが続けば
心を壊してしまいます。

内臓にも
悪影響がでるかもしれません。

いじめることをやめれば、
心も身体も夢も落ち着きます。

ですから
自己否定をやめることは、
自尊感情を高めるトレーニングになります。

次に必要なことは
自己承認です。

★★★★★★

自分に対して、
「これでいいのだ~」

うまくいかないときでも
「私なりによくやれているよ」

不安なときでも
「何とかなるよ」

嫌なできごとがあっても
「いつかきっと役に立ててみせる」

★★★★★★

自己承認するフレーズを
心を込めず
に、つぶやきます。

承認するフレーズを
心を込めずに言うのはなぜかというと、

自己否定の癖のある人は、
自己承認することが苦手だからです。

ですから
はじめはのうちは
心を込めずにトレーニングします。

その方が、断然ラクなのです。

自己否定の癖があると

「これでいいわけない!!」

「私なりに頑張ってもダメなんだよ!!」

「何ともならないんだよ!!」

「何の役にも立たないよ!!」

「ちゃんとしなかった私が悪い!」

「もっと○○していればよかったのに!」

「私のせいで××になってしまった、どうしよう」

このように、
いつも自分を責めています。

自尊感情の低い人は、
自分を褒めることができません。

自尊感情の低い人は
自分を可愛そうと思ってあげません。

自分をいたわり
優しくすることが苦手です。

理由は
自分には優しくする価値がないと
思っているからです。

すぐにでも、
自己否定をやめて、
自分を承認することが必要なのです。

自尊感情を高めるトレーニングは
自己否定をやめる
自己承認をする

この2つは重要なカギなのです。

自分に価値がないと思う人は
歪んだ見方をするからです。

歪んだ見方は
育ちの傷があるからです。

ありのままに
受け入れることができない出来事は、
見ている現実を歪めるしかないのです。

思い込みや認知のゆがみは、
ツラい現実を
生き延びた証なのです。

自尊感情を高めるトレーニングをご希望の方は、
一度、ご相談ください。

ご相談のお申込みはコチラ

お問い合わせはコチラ

いかがでしたでしょうか?