自己否定の習慣は止められる?

自己否定の習慣は止められる?

「どうせうまくいきっこない」
「 きっと嫌われちゃったよ」
「 ホント、わたしってバカ」
育ちの傷を抱える方々と話しをしているとよく耳にします。

私自身がこの言葉を何度つぶやいたか分かりません。

これは、
あまりにも「自己否定を強化する」習慣と言えます。

ハッキリ言いましょう。
自己否定の習慣は変えられます。

なぜなら、
自己否定は生まれつきの習慣ではないからです。

小さい頃は何も疑わず、見たままに反応できます。

たとえば、
小さな赤ちゃんは自己否定なんてしませんね。

赤ちゃんはオムツを汚しても、
気持ち悪くて泣くだけです。

「気持ちが悪いよ~、何とかしてよ~」と訴える。
「アタチが汚しちゃったの、なんてバカなの」
とは言いません。(当たり前ですが(^^))

もともとは、
わたしたち人間は自己否定などしない方が、
自然なのです。

 

ですから、
自己否定の習慣は変えられるのです。

では、いつから、
自己否定が習慣になってしまったのでしょうか?

それは、
育つ過程で学習したのでしょう。

自分をダメだと思わなければ、
生きていけない。
そんなときに、
生きるための工夫として習慣になるのです。

そうだとしても、
いつまでも自己否定を続けては、
【見ている世界が歪みます。】

よい人間関係を育むことができなくなります。

何よりも、
一番の悲劇は自信を奪われること。

それなのに、
なかなか自己否定を止められないのは、
自己否定をしたことで、
何かしら、
役に立ったと感じた経験があるからです。

ですから、
自己否定は止めるのが難しいのです。

自己否定は
自分を叩く行為です。

 

一時的に頑張れたとしても、
長く続けていけることではありません。

いずれは
疲弊し、無力感に襲われてしまうのです。

ある有名な整体師も言っています・・

「悪い習慣を止めずに健康にはなれない」
と。

自己否定の習慣を続けたまま、自信を持ちたい。

こんな矛盾した考えは、叶うはずがありません。

小さい頃、
自己否定は役にたったのかもしれませんが、
今は違いますね。

これからは
違う生き方を選択できるのです。

試してみたいと思いませんか?

今からでも遅くはありません!

自己否定の習慣は止められるの?
ハイ!止められます。

 

自分を傷つける自己否定を止めて、
自尊感情を回復させることができると気づいてください。

そうすることで自信は生まれ、
見ている世界が変わります。

*自己否定の習慣は止められる。
*自己否定の習慣は、生きるための工夫だった。
*自己否定はあなたのせいではありません。
*自己否定を続けるうちは自信が持てません。
つまり、
矛盾した習慣を繰り返していると
疲弊し、無力感に陥ります。

新しい習慣を身につけて
自尊感情を回復させませんか?

「本当に変われるの?」

と思っているなら、
まずは
「大丈夫、きっと変われる」

そうつぶやいて見てくださいね。

1回・2回・・・

10回・20回・・

50回・・100回・・

何度でも
自分の心に寄り添い励ましてみることです。

脳に記憶させるのです。

そう!再学習です。

変化の第一歩は、
「何となく大丈夫かも・・?」

ふと、思えることがサインです。

「大丈夫かな~?」
一瞬でも思えることを目指すのです。

きっと、
不慣れなことで、
違和感が満載かもしれません。

それでも、
繰り返し、繰り返し、
自分の心に寄り添うことです。

自分を否定する方が不快に感じるまで、
続けてみることが大切です。

そして、
確実に、自尊感情は回復することを
知っていてくださいね。

本日のテーマは
「自己否定の習慣は止められる」

いかがでしたでしょうか?

 

カウンセリングに関することは、
お気軽にお問合せください。

ご相談のお申込みはコチラ

お問い合わせはコチラ