気分の波が激しくて心も身体も疲労困憊

気分の波が激しくて心も身体も疲労困憊

こんなツラい症状について
ご紹介します。

Sちゃんの物語として
ご紹介します。

ではさっそく

~~~~~
~~~~~

気分の波が激しいSちゃんは、
子供の頃から
周囲とうまくいきませんでした。

Sちゃんの特徴は、

やる気があると、
一気に頑張ってしまいます。

やる気がないと
電源がOFFになったみたいです。

親からは
極端な性格だと言われ、
ワガママだとも言われます。

仲良しの友達も
いつしか
離れてしまうのです。

親にも
周囲にも理解されず、
孤独を感じて生きてきました。

大人になって

なんでわたしは
うまくいかないのかな?

なんでいつも、
余計なことを言っちゃうのかな?

なんで突然、
身体が重くなって動けないのか?


気力では解決しないし・・
心も身体も
疲労困憊していたある日、
夢を見ました。

それは
エレベーターの夢。

1人でエレベーターに乗っています。

急に
上がったりします。

その直後、
急に下がるのです。

それを繰り返す・・

激しく上下する中で、
どうすることもできません。

怖い気持ちで目が覚めました。

心臓は
バクバクしています。

身体は
グッタリと疲れています。

振り返れば、
似たような夢を
何度も見ていました。

Sちゃんは
心と身体だけじゃなく、

夢まで
激しく揺れ動いていたのです。

そんなSちゃんは
心と身体と夢に理解のある
カウンセラーに出会いました。

生まれて初めて、
苦しみに共感されました。

カウンセリングを
続けてみようと思ったのは、
印象に残った言葉があるからです。

その言葉は
「断片的」と「良いか悪いか」です。

以下のことを言われました。

******

今までずっと、
自分の心を
断片的にしか見ることが
できなかったのでしょう。

だから
良いか悪いか
どちらかになってしまうのです。

カウンセリングでは
断片的ではなく、
全体的に捉える支援をおこないます。

******

Sちゃんは
断片的にしか見ていなかったことに
ハッとしました。

常に
良いか悪いかにすることも
ドキッとしました。

明るい光が見えた気がして
カウンセリングを受けることにしました。

今では
自分の癖やパターンが
見えてきました。

そのお蔭で
工夫ができるようになりました。

気がつくと、

自分はおかしい・・
自分はダメだ・・

そう思わなくなっていました。

~~~~~~~
~~~~~~~

気分の波が激しくて心も身体も疲労困憊

似たような体験をして
苦しんでいる方は、一度ご相談ください。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

ご相談のお申込みはコチラ

お問い合わせはコチラ

Follow me!